【精力剤ロコミ】巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの精力剤の激安販売!
现金赈入       
送料全国一律1200円 2万円以上ご購入で送料無料!
  現在の位置: ホーム> 情報 > 番新情報 > 脳卒中を遠くさせる規律正しい生活

脳卒中を遠くさせる規律正しい生活

2009-09-12
脳卒中を遠くさせる規律正しい生活脳卒中は秋と冬に多発する季節病の一つであり、その発症の急激さは疾風と鋭利な刃物のように人間の体を襲います。生き生きとしている人をたちまち障害者にならせた上に貴重な命を奪ってしまいます。脳卒中とは?現代医学では脳内の損傷によって脳卒中を二類四種に分けており、第一類は出血性、第二類は閉塞性となっています。出血性脳卒中には二種類あり、頭蓋内出血とくも膜出血です。閉塞性脳卒中も二種類あり、脳血栓と脳塞栓です。閉塞の部位の違いと閉塞の軽重程度の違いによって臨床上多種多様な症状が現れます。豊富な臨床経験のある医師でなければ外観症状と脈の様子からだけでは、患者がどの種類の脳卒中であるか、脳のどこが傷害をうけたかを診断するのはとても難しいことです。

漢方医は外観症状の軽重程度によって臨床上四種類に分けています。一番軽いのは中絡で、その次は中経で、中経の次は中腑で、一番重いのは中臓といいます。中経絡の患者は適当な治療を受ければ殆ど健康を取り戻せます。中臓腑の患者には、まれに健康を取り戻す方もいますが、ほとんどの場合は状態が良くありません。

臨床上、時々患者の家族から「あの人は高血圧でもないがどうして脳卒中になったの?」という話が聞かれます。そう、このようなふだん血圧の高くない脳卒中患者は大半が頭蓋内血栓又は塞栓による脳卒中であり高血圧による脳卒中と同様の症状が見られます。疾病予防西洋の医学でも東洋の医学でも疾病予防は重要性なことです。東洋医学には「上工未病ヲ治す」という言葉があり、これは「医術がずば抜けている医師は疾病が発生する前に治療する」という意味であります。また「肝臓の病を見、肝臓の病が脾臓に伝染するのを知り、必ず脾臓を強化する」ともあり、これは疾病の伝染と変化を指します。臨床上一部の疾病は、病巣が最初一箇所であっても長期間治療しなかったり治療が正しくなかったりすると、徐々に別の個所に転移していきます。

また、最初一臓一腑の病気であっても次第に他の腑臓に影響していく可能性もあります。従って漢方医師は全体治療と血気を釣り合わせるのを強調します。つまり疾病の伝染と変化を予防しようというものです。
ホーム   |   情報   |   ラベル   |   新規登録   |   会員入り口   |   ヘルプページ   |   サイトマップ   |   RSS   |  
【精力剤ロコミ】100%正規品だと確保いたします.

Copyright © 2006-2017 精力剤ロコミ All Rights Reserved