【精力剤ロコミ】巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの精力剤の激安販売!
现金赈入       
送料全国一律1200円 2万円以上ご購入で送料無料!
  現在の位置: ホーム> 情報 > 番新情報 > 包茎の種類と特徴アーカイブ|包茎の正しい知識|包茎の悩み.jp

包茎の種類と特徴アーカイブ|包茎の正しい知識|包茎の悩み.jp

2009-09-12

通常、子供の頃は亀頭と包皮がくっついていてむけていませんが、成長するに従って、包皮は自然とめくれ上がっていき、日本人男性の約75%は、思春期までには勃起時に亀頭が完全に露出するようになります。ところが、自然にめくれていく度合いが小さいと、亀頭は完全に露出しません。

ほかには、包皮の出口が小さかったり、亀頭とまだくっついている、などの理由で大人になっても亀頭が露出できない状態を包茎と言います。

包茎には一般的に真性包茎、仮性包茎、カントン包茎の3つの種類に分類されます。

真性包茎
普段も勃起時も包皮を手で引っ張っても亀頭を露出することはできません。原因は包皮口が異常に狭いか、亀頭と包皮がくっついてしまっている状態か、または両方合併している為です。

亀頭はいつも包皮で覆われているので、亀頭の成長は悪く、亀頭の成長を阻害し、先細りのペニスや亀頭を清潔にする事が出来ない為、年齢が増すにつれて嫌なニオイがし、恥垢(ちこう)が溜まりやすく不潔になります。

放置しておくと、炎症が継続的な症状として残ってしまうこともあります。炎症が残っていますと、今まで包皮と亀頭はくっついていなかったのが、くっついてしまうこともあります。

真性包茎の場合はその他に考えられる合併症もいくつかあります。亀頭の発育不全、亀頭周囲のブツブツ、亀頭包皮炎、十分な量の精子が相手にいかない為男性不妊等があります。

また、正常な性行為が行えないため、全然剥けない真性包茎なのであれば早急に包茎手術をしなければなりません。

仮性包茎
仮性包茎とは亀頭が露出していないが、勃起時や手で包皮を引っ張ると亀頭が露出してくる状態で、勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する正常に近い仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎まであります。一般的に、仮性包茎は包茎の種類で一番多いタイプになります。

普段、仮性包茎は包皮がかぶっているため、汗や尿が溜まり、悪臭の原因や病気の温床を作り、雑菌やウイルス、性病の菌等も繁殖しやすい環境になります。

仮性包茎は不衛生になりがちな上、陰毛が包皮に絡まり傷をつけるので包皮炎や亀頭周囲炎などの病気になる可能性があります。性交渉時も余っている包皮があると、外部からの刺激に弱くなり、早漏になってしまったり、逆に包皮が邪魔をして、不感症になることもあるだけでなく、女性に対しても包皮が邪魔をして刺激がうまく与えられないこともあります。

また、仮性包茎の場合、見た目等が気になり銭湯で恥ずかしい等の下半身のコンプレックスの原因なってしまう事もあります。仮性包茎によって何らかの不都合がある方には、包茎治療をお勧め致します。

カントン包茎
包皮口は狭いが、通常時には何とか亀頭を露出することができる状態を言います。

無理にむこうとすると亀頭のくびれ部分(カリ首)が締めつけられ包皮が元に戻らなくなって腫れあがってしまうこともあります。腫れ上がると、さらに亀頭を締め付けるために、強い痛みや血行不良を伴い、緊急で手術をする事もあります。

軽度の場合は、これらの症状がなく微妙に狭い部分が亀頭のくびれに引っかかり亀頭が露出する場合があります。この場合、常に亀頭が露出している為、包茎でないと勘違いしている人が多くいますが、性行為時、包皮が切れ易い方はカントン包茎の可能性があります。その切れてしまった傷から、菌が入り、大きく腫れ上がることもあります。

軽度でも重度でも、大きく腫れた状態をそのままに放っておきますと、最悪の場合、亀頭部に血が通わなくなるのでさらに腫れ上がり、亀頭が血行不良で壊死する危険性もありますので、カントン包茎の場合、早めに包茎手術をする必要があります。

ホーム   |   情報   |   ラベル   |   新規登録   |   会員入り口   |   ヘルプページ   |   サイトマップ   |   RSS   |  
【精力剤ロコミ】100%正規品だと確保いたします.

Copyright © 2006-2017 精力剤ロコミ All Rights Reserved