【精力剤ロコミ】巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの精力剤の激安販売!
现金赈入       
送料全国一律1200円 2万円以上ご購入で送料無料!
  現在の位置: ホーム> 情報 > 番新情報 > 皮膚と紫外線

皮膚と紫外線

2009-09-12

朝のテレビの天気予報で、気温、晴雨のほかに花粉情報が放送されていたのが、この頃になると、いつの間にか花粉情報がなくなり、紫外線情報が放送されるようになった。

理由は、紫外線は危険なこともあるよ、気を付けよう、ということだと気付かれたことでしょう。レジャーで郊外散策、川釣り、海釣りなどで、太陽光線を一杯浴びることになる。危険というのはただの1回、2回というのではなく、紫外線量の積み重ねで紫外線に直接あたる場所にしみやしわが出来てくる時には、しみから「いぼ」のような皮膚の変化、さらには癌となることもある。ということをかなりの人たちは知っているようで、散策、釣りなどでは大抵帽子をかぶり、傘をさしている。ではどういう理由でこのような変化を起こすのか、かい摘んで話してみましょう。

皮膚の一番上にある細胞の群れ(これはごく薄い―平均0.2mm位の厚さ)を表皮(ヒョウヒ)と呼ぶが、これらの細胞の中に核という物があり、細胞の働きの中心となるものである。この核の中には染色体と呼ばれる物があり、更にこの中に、その人の形とか性質を伝える遺伝子があり、この遺伝子の本体はDNAと言われている物質である。これに太陽紫外線が当たると、太陽に当たる時間や、紫外線の強さによって、このDNAが傷を付けられる。付けられた傷は大抵は自然に治るが、もし治らないと何年か後に、醜い皮膚(しみ、しわ)を残し―皮膚の老化という―、果ては皮膚の癌を生ずることになる。

1)大人がたまに日光の下で英気を養い、リラックスすることや、子供が夏になってプールや海で遊ぶことは勿論悪いことではないが、上記のアンダーラインは忘れてはいけない。
大人についての醜い皮膚は、皮膚科医は誰でも経験している事実である。子供についても、子供時代にたくさん紫外線を浴びると、大人になってから上記アンダーラインになるようになる。子供時代には本人は勿論、親もあまり考えないものだが、この事実は広く認められ、平成10年4月から、母子手帳に日光浴をやりなさいと言われていたのが、この日光浴という字が無くなった。小児科や皮膚科の専門の医者にとってはほぼ周知の事実である。

2)太陽紫外線量は、九州地方と東北地方では、年間にして約2倍の差がある。その差の違いは20歳位までは皮膚に現れないが、40、50歳になると、皮膚の老化現象は、九州地方の人が東北地方の人に比べて10歳位早く現れる。

 

3)ではどうしたら良いだろうか。第一に、なるべく紫外線の当たる時間を少なくすることだが、外で遊びたい人、外にいることが仕事の人達は、サンスクリーン剤の使用は必要であることを忘れないように、サンスクリーン剤については、医師や薬剤師に相談して下さい。もう少し詳しく皮膚と太陽の関係を知りたい方に、次の本をお薦めします。(ドクターA.M.)

 

市橋正光(神戸大学医学部皮膚科学教授)著
「子どもと皮膚と太陽」
株式会社DHC
〒106-0032 港区六本木4-3-6
TEL03-3423-1931(営業)FAX 03-3470-3128
振替00160-6-716500(定価971円+税)

 

皮膚科医より患者さんにその5 麻疹・風疹・水痘~学校伝染病の小知識

日本医科大学皮膚科名誉教授
宗像 醇
提供

 

ホーム   |   情報   |   ラベル   |   新規登録   |   会員入り口   |   ヘルプページ   |   サイトマップ   |   RSS   |  
【精力剤ロコミ】100%正規品だと確保いたします.

Copyright © 2006-2017 精力剤ロコミ All Rights Reserved