【精力剤ロコミ】巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの精力剤の激安販売!
现金赈入       
送料全国一律1200円 2万円以上ご購入で送料無料!
  現在の位置: ホーム> 情報 > 番新情報 > 麻疹・風疹・水痘~学校伝染病の小知識

麻疹・風疹・水痘~学校伝染病の小知識

2009-09-12

 「とびひ」などで治療されている子供の親ごさんから、何時になったら、学校(幼稚園)に行かれますか、と質問をよく受けます。また、風疹、麻疹(はしか)、伝染性紅斑(りんご病)、水痘(みずぼうそう)についても同じ質問を受けます。
そこで、この様な伝染病について少し整理してまとめてみました。

これらの伝染病は、現在は比較的早く治るようにはなってきましたが、学校など集団生活の場所では広く伝染する恐れがあることは、いくつかの事例があり、学校保健法として新たに、規則の一部が改正されました。

学校で予防しなければならない伝染病(法律では、第1種、第2種、第3種に分けられている)は、すべての伝染病ですが、このうち皮膚科に関係のある主なものは・・・

麻疹

この診断は医者でも迷うことがあるくらい、簡単ではないこともある。まず38~39℃くらいの熱が4~5日続き、一旦下熱、再び38~39℃の熱とともに、爪甲大までの紅斑が身体中に見られる。解熱後4~5日になったら、多少薄くなった紅斑があっても登校は良いですよ、ということになる。

風疹

やや小形の紅班が軽い発熱とともにほぼ全身にでき、発疹は3~4日で消える。これが消えれば登校はよろしいということになる(登校許可)。

水痘

小さい子供はあまり、だるいとか、食欲がないなどの自覚症を訴えることがなく、突然、小さな水ぶくれが全身にできる。頭皮にも水ぶくれ(小水疱)があれば、診断は直ぐつく。全ての水ぶくれがかさぶた(痂皮)になれば治ったと登校許可される。実際には、全ての水ぶくれというが、手のひら(手掌)の水ぶくれは、身体の水ぶくれがかさぶたになって乾いても、残ることがあり見逃され易い(水ぶくれの内は伝染する力があるから注意が必要である)。

この三疾患は、伝染病の第2種に属します。
また法律では病状により医師が、伝染の恐れが無いと認めたときはこの限りでは無いという除外規定があります。

第3種に属するものには、眼科の角結膜炎や、ときどき新聞紙上を賑わす大腸菌O-157の感染症の他、皮膚科でもよく見られる溶連菌感染症、手足口病、伝染性紅斑(りんご病)、伝染性軟属腫、伝染性膿痂疹(とびひ)、頭じらみ、があり、これらは医師の判断で伝染の恐れが無くなれば、登校許可ということになります。

その他、学校保健法が一部改正(平成11年4月施工)されて、伝染病予防の細目から患者の使用する座席等の消毒などの予防措置は削除されました。

皮膚科医より患者さんにその6水虫シーズン

日本医科大学皮膚科名誉教授
宗像 醇
提供

ホーム   |   情報   |   ラベル   |   新規登録   |   会員入り口   |   ヘルプページ   |   サイトマップ   |   RSS   |  
【精力剤ロコミ】100%正規品だと確保いたします.

Copyright © 2006-2017 精力剤ロコミ All Rights Reserved