【精力剤ロコミ】巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの精力剤の激安販売!
现金赈入       
送料全国一律1200円 2万円以上ご購入で送料無料!
  現在の位置: ホーム> 情報 > 番新情報 > 更年期とは-どうして起こるの?卵巣機能の低下と更年期障害、更年期症状

更年期とは-どうして起こるの?卵巣機能の低下と更年期障害、更年期症状

2009-09-12

更年期とは<どうして起こるの?卵巣機能の低下と更年期症状>



更年期の症状は、「卵巣機能の低下」「環境的な要因」「本人の気質や体質の問題」の3つがからみあって起こると考えられています。

●卵巣機能の低下
更年期症状・更年期障害の直接的な原因は、卵巣機能が低下し、やがて停止(閉経)することによって、エストロゲンの分泌量が低下ないし、停止するためです。
このようなホルモンのバランスの乱れから、自律神経に失調が起こります。

●環境・気質の問題
女性ホルモンの急激な減少は誰にでも起こることです。しかし、更年期の諸症状の出方は千差万別で、とてもつらい人もいればほとんど感じないで過ごす人もいるでしょう。

これは更年期の種々の症状は体と心の両面に関連しているので、それまでの体の状態と生活習慣、社会や家庭環境、その人の性格や感性、ストレスの受け止め方にも影響されるからです。
たとえば、子どもの就職や結婚、老親の介護や死、定年や老後へ向けての生活の変化に対する不安などの「環境的な問題」や、もともとちょっとしたことが気になるとか頭痛持ち、几帳面、完璧主義、あるいは若いときから肩こりや腰痛になりやすいといった「本人の気質や体質の問題」などが複雑に絡み、症状に拍車をかけるとも言われています。
しかし、本人の心がけの良し悪しとか、気持ちの持ちようで更年期症状・更年期障害が現れるということでは全くありません。


更年期症状・更年期障害がおこる仕組み

閉経へ向けて卵巣機能が変化するプロセスは、単純に進行するのではありません。

閉経前のホルモンの変化
卵巣の働きが衰え、女性ホルモンのなかでも重要なエストロゲンの産出が減ってくると、これをなんとか回復させようとして性中枢は盛んに刺激ホルモンを分泌しはじめます。
この刺激を受けて、更年期初期の40代後半には、一時的に残り少ない卵胞が反応して少量のエストロゲンが産生され、不規則な出血を見ることもあります。

●閉経してからの変化
そしてついには、どんなに卵胞刺激ホルモンが頑張っても卵巣はホルモンを出さなくなってしまうのです。
しかしその後も中枢はしばらくの間は卵胞刺激ホルモンを出し続ける状態が持続しています。
中枢からは、卵巣だけでなく甲状腺や副腎などのホルモンの産生をコントロールする刺激ホルモンも出ています。また、自律神経系や免疫系にも深くかかわっています。
いくら指令を出しても反応しない卵巣のために中枢が懸命になっているバランスの悪い状態は、非常に不自然で不安定です。このため、ほかの機能にも影響が出てしまうのです。
その結果、自律神経のアンバランスなどによる諸症状などさまざまな反応が引き起こされます。
これが一因となって更年期の諸症状を引き起こすこととなります。



相互リンク: [花痴] [D10 媚薬] [威哥王] [巨人倍増] [三体牛鞭] [紅蜘蛛] [精力剤] [媚薬] [妖姫] [淫インモラル] [インモラル]
ホーム   |   情報   |   ラベル   |   新規登録   |   会員入り口   |   ヘルプページ   |   サイトマップ   |   RSS   |  
【精力剤ロコミ】100%正規品だと確保いたします.

Copyright © 2006-2017 精力剤ロコミ All Rights Reserved